スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラワーアレンジメントの基本形

フラワーアレンジメントには、色々な基本形があります。
お国や流派によって、さまざまですが、
今日は、ウエスタンスタイルといわれている
アメリカで生まれたスタイルを、ご紹介しましょう。

フレッシュフラワーのアレンジメント

まずは、まあるいドーム、麻美さんの作品です。
基本形を少し応用して、お花を交差に挿しています。
お花のヘッドだけ見せる、フランス風に仕上げました。
シンビジウム・アネモネ・ガーベラ・スイトピーなど
春のお花を集めて、フィアンセのお母様へプレゼントされました。

ドライフラワーのアレンジメント

ドライフラワーで、ドーム型に仕上げた、仁美さんの作品です。
今回、体験レッスンで、初めてアレンジメントに、挑戦されました。
デイジー・ヘリクリサム・ニゲラなど
ピンクのお花で、キュートに仕上げました。

フレッシュフラワーのアレンジメント

美智代さんの作品は、ヴァーティカルといわれている垂直型。
幅を取らず、スッキリとしたスタイルには、根強い人気があります。
フリージア・チューリップ・スイトピーなど、
オレンジ系の春のお花で、カジュアルに仕上げました。

フレッシュフラワーのアレンジメント

こちらは、楕円形のオーバルといわれているスタイルです。
こちらも、麻美さんの作品です。
ヴァーティカルと同じく、180度展開の基本形で、
壁の前に置くスタイルです。
エレガンスな花材が、似合いますね。

フレッシュフラワーのアレンジメント

有名なトライアンギュラーという、スタイルです。
潤子さんが、入学1回目のレッスンで、制作されました。
色々なお国で、基本形とされている二等辺三角形は、
意外と難しいのですが、基本の練習には、欠かせません。
これから、色々な形に、トライしてくださいね。



ブログランキングに参加しています。
ワンクリック よろしくお願いします。
↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。